法科大学院(ロースクール)

1、はじめに

司法試験を受けるためには資格が必要です。

そして、司法試験受験資格を得るためには、予備試験に合格するほかに、法科大学院(ロースクール)を修了する手段もあります。

ここでは、法科大学院(ロースクール)制度についてご説明しましょう。

2、法科大学院(ロースクール)とは?

専門職大学院の一つで、法曹に必要な学識及び能力を培うことを目的とするものです。

大学院なので、原則として、大学を卒業して(法学部でも他学部でもよい)入学試験に合格する必要があります。

修士課程相当ですが、研究より、法律実務に必要な知識を身に付けることに重点が置かれます。

講義は、「ソクラテスメソッド」という方法が用いられます。

受講生は、ケースブックと呼ばれる判例をもとにした設問集や事例問題集のようなものを予習していきます。

そして、教授が受講生を指名しながら、議論をしていくのです。

このような双方向の講義方法が採られています。

3、法科大学院(ロースクール)入試制度

入試制度は、各大学院によって異なります。ただ、おおむね、未修者コース(3年コース)と既修者コース(2年コース)の2つが置かれることが多いです。

未修者コースは、法律を学習したことがない方向けのコースです。

法学部以外の卒業生を主な対象にしておりますが、法学部の卒業生でも受験は可能であることが多いです。

小論文とステートメント(志望理由書)で合否が判断されることが多いです。
また、英語のスコア(TOEFLなど)が要求されることも多いので、受験される方は募集要項をよく見ておきましょう。

一方、既修者コースは、法律を学習したことがある方向けのコースです。

法学部卒業生を主な対象としておりますが、他学部の卒業生でも、法律を学習していれば受験は可能であることが多いです。

この場合、法律の論文とステートメントで合否が決まるのが一般的です。
英語のスコア(TOEFLなど)が要求されることもあります。
ただ、法律の論文の点数が重視されます。

4、未修者コースの問題点

未修者コースは、あくまで一般論として、司法試験に合格しにくいと言われています。
それは、1年間で既修者に追いつかなければならないからです。
ただ、もちろん1年間必死に努力すれば、既修者に追いつくことは不可能ではありません。

別の方法として、法律を学習したことがない方も、独学あるいは司法試験予備校を使って法律を学習し、既修者コースに入るという手段もあります。

予備試験とは

1、予備試験とは
 正確には、司法試験予備試験といいます。

 司法試験を受験するためには、ロースクールを卒業するか予備試験に合格する必要があります。
 司法試験の受験資格を得るための1つの方法が、予備試験です。

 そして、予備試験には、受験資格は不要です。昨年度は高校生が合格して話題になりました。
ロースクールは大学院ですので、原則として大学を卒業している必要がありますが、予備試験はそうではないのです。

 予備試験に合格すると、翌年から5回、司法試験を受験できることになります。

2、試験の概要と内容
(1)スケジュール

以下のようなスケジュールになります(最新のものは法務省のホームページや試験案内を確認してください)。
http://www.moj.go.jp/jinji/shihoushiken/shikaku_saiyo_index.html

 短答式試験(5月の通常日曜日) → 論文式試験(7月の通常土日2日間) → 口述試験(10月の平日2日間)

合計5日間、結構長丁場の試験になります。
また、短答式に合格して、論文式に不合格でも、翌年は短答式試験からやり直しになります。
論文式試験に合格して、口述式試験に不合格でも同様です。
振り出しに戻ってしまうわけですね。

受験会場は、平成29年度は、北海道、仙台、東京、名古屋、兵庫県、広島市、福岡市でした。
※北海道とあるのは札幌市近郊、兵庫県とあるのは大阪市近郊という意味です。

(2)試験科目
ア)短答式試験
…憲法・行政法・民法・商法・民事訴訟法・刑法・刑事訴訟法・一般教養科目(人文科学・自然科学・社会科学)

 これらが1日で行われるわけです。かなりハードな試験です。
 短答式試験は、マークシートの試験で、正解の選択肢を選ぶ試験の形態です。
 実は、予備試験後に受験する、司法試験の短答式試験の方が、科目は少ないです(司法試験の短答式試験は、憲法・民法・刑法の3科目)。

イ)論文式試験
…憲法・行政法・民法・商法・民事訴訟法・刑法・刑事訴訟法・民事実務・刑事実務・一般教養科目(論文)

 これらの科目が2日間で行われます。予備試験の天王山は、この論文式試験です。
短答式試験は、勉強すればそのうちできるようになります。
しかし、論文式試験は、書き方のコツみたいなものがいるので、なかなか書けるまでに時間がかかってしまいます。

受験会場は、平成29年度は、札幌、東京、大阪、福岡でした。

ウ)口述式
…民事実務・刑事実務
 
 2つの科目が2日間で行われます。受験会場は東京しかないので、地方の受験生も東京で受験することになります。
 口述式試験は、「面接」ではありません。ですので、志望動機は聞かれません。

 どちらかというと、「口頭試問」というものに近いです。
 口頭試問は、大学院入試などで行われるもので、学問的な内容を聞かれます。
 予備試験では、学問というよりは、法律の実務的な内容を聞かれます。

 例えば「東京に在住のXさんが沖縄在住のYさんの運転する車に大阪でひかれました。XさんがYさんに200万円の損害賠償請求する時、どこの裁判所に訴訟提起できますか」
というようなことが聞かれます。
 どこの裁判所で裁判をやるか、ということは裁判管轄の問題といいまして、実務上は非常に重要です。
 自分の住所の近くの裁判所の方が便利ですからね。

3、合格率について
平成29年度で計算してみました。

短答式試験 10665人(採点対象者)合格 2299人 合格率約21.6%
論文式試験 2185人(採点対象者) 合格 469人 合格率約21.5%
口述式試験 469人         合格 444人 合格率約94.7%

全体を通しての合格率 約4.16%

上記をみてお分かりのとおり、かなり難関の試験です。

ただ、短答式試験は誰でも(法律の勉強をあまりやっていなくても)受験できます。
一方、論文式試験は、本当の猛者(短答式試験を突破したから、法律の能力がある者)が受験します。
論文式試験が勝負です。

口述式試験は、ほとんどの方が合格しますが、万が一不合格だと振り出しに戻るので、その緊張感はかなりのものです。筆者も、受験したときは手汗がびっしょりでした。

予備試験の学習法については、また改めて書きます。

司法試験とは?

司法試験とは、合格すれば、法曹(弁護士、裁判官、検察官)になれる試験です。

正確に言うと、司法試験に合格してから、1年間の司法修習に行き、司法修習修了試験(俗にいう2回試験)に合格し、

弁護士なら、登録希望の弁護士会への登録

裁判官や検察官なら、登用されることが必要です(公務員のため)。

司法試験は、4日間にわたり行われる過酷な試験です。

(筆者は、現代の「科挙」と考えています。科挙は、中国でかつて行われた官僚登用試験です)。

司法試験だけでも、難関試験なのですが、実は司法試験を受験するためには、

資格がいるのです。

(どんな複雑な構造だ。。。)

その資格を得るための方法は、

①予備試験に合格すること

②法科大学院(ロースクール)を修了すること

のどちらかになります。

どちらかの方法で資格を得ると、5年間に5回司法試験を受験する資格を得ることができます。

予備試験と法科大学院(ロースクール)については別記事で解説しましょう。